mo-jiの気まぐれ飼育手帖 - ドイツイエロータキシードと、チコリーのその後
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツイエロータキシードと、チコリーのその後

こんばんは。mo-jiです(^_^)/

本日も昨日に引き続き、まさかの国産グッピーを紹介したいと思います(^ω^)

グッピーの一番人気と言えば、やっぱり「ドイツイエロータキシード」ですよね!

mo-ji家でも鉄板品種は、ちゃんと飼育しているんですよ(笑)

↓の写真をどうぞ。


◇プラチナドイツイエロータキシード純白系
160630-01
160630-02
160630-03
160630-04


真っ白な尾ビレに、タキシードのような腹が堪りません(ノω`*)ムフフ

ガツガツ殖やして、いずれは60cm水槽いっぱいにグッピー♂のみを群泳させるのが目標なのですが、そこまで殖やすには水槽の数をもっと増設していかないと足りなそうです。

これ以上は、厳しいかな~(>_<)


さて、昨日紹介したチコリーですが、長雨のせいで、やっぱりヘコたれていました。

せっかくの満開なのに、斜めを向いちゃっていますf(^_^;アセアセ


160701-01


そして↓が紫陽花の「アナベル」です。

こちらは、なんか爆発したみたいですよね(笑)


160701-02
160701-03
160701-04


アナベルの花がメダカ容器の中に入っていても、メダカ達は気持ち良さそうに泳いでいるので、今もこのままにしています(^o^)/



↓励みになりますので、1ポチお願いしますm(__)m
にほんブログ村「メダカ」にほんブログ村「ウーパールーパー」

↓飼育用品を買うなら♪
チャーム本店
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。